マイク・ビックル(IHOPKC)「私たちは神々のようになる」

マイク・ビックル

IHOPKCのマイク・ビックルは、「Manifest Sons of God」と呼ばれる後の雨運動の異端的な教理を教えています。公式ホームページでは否定していますが、次のような発言の記録が残っており、そのような発言を撤回する宣言も出ていません。

神の意図しておられることは、私たちが神々のようになること、神の御子のようになることです。…神は心の中で、1つの民を地上で生きる神々のようにする計画を立てられました。神は心の中で、ご自身の御子、主イエスのように生きる子どもたちをもうけようとお考えになったのです。…私たちは、天上の神のいのちを地上で現す存在になるのです。このような子としての身分について持論を展開し、宣言すると、宗教的なコミュニティは反対して「冒涜だ!」と言います。それは人々がイエスに言ったことでもあります。宗教的な人々はこれをいつも異端と呼ぶのです。

― Mike Bickle, Glory and Dominion of Sonship, Part 2, cassette tape, as cited by Bob Hunter, The Toronto Blessing.
“God intends us to be like gods, he intends us to be like the Son of God. … God has conceived in His heart of a plan to make a race of men that would live like gods on the Earth. He has conceived in His heart to have Sons that would live like His Son, the Lord Jesus lived… That we were to be on earth the extension and manifestation of God’s life in heaven. …When a person comes up and declares what Sonship is about, the religious community comes up and says “blasphemy!” That’s what they did to Jesus. The religious mind will always call this heresy. When the religious mind comes in contact with the revelation of what a Son of God is they will always say it is not right because it’s too high.”

写真:Jeffrey Sharkey

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。