モリス・セルーロ「あなたが見ているのは神です」

モリス・セルーロ

2020年7月に死去したモリス・セルーロは、1990年に開催された全日本ペンテコステ教役者大会の講師として来日したこともある、著名なペンテコステ派の「いやしの伝道者」です。このセルーロは、後の雨運動の「Manifest Sons of God(神の子どもたちの顕現)」と呼ばれる教理の流れを汲む教えを展開し、クリスチャンはイエスのように「神が受肉した者」であると主張しています。

あなたが見ているのは、モリス・セルーロではありません。あなたが見ているのは神です。あなたはイエスを見ているのです。……今日、私は全宇宙の神、力強い全能の神の子です。神のいのちが私を通して流れ出ています。……イエスは自分を守る方法を教えるために来られたのではありません。……イエスは私たちに出て行って行進し、イエスの領域に入る方法を教えたのです。……われわれは戦いを宣言するのです。……「私と父は一つです」。攻勢に出るのにこれほど力強い言葉があるでしょうか。
― Morris Cerullo, “The End time Manifestation of the Sons of God,” Morris Cerullo World Evangelism, 1991, tape 1

“You’re not looking at Morris Cerullo–you’re looking at God. You’re looking at Jesus. … Today I am a Son of the all powerful almighty God of the Universe. His life flows through me. … Jesus didn’t come to teach you how to defend yourself… He taught us how to march out, go into his territory … We DECLARE WAR. … ‘I and the Father are ONE.’ How’s that for taking the offensive!” (Cerullo, “The End time Manifestation of the Sons of God,” Morris Cerullo World Evangelism, 1991, tape 1).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。