マーティン・ロイドジョンズ:教会は「土台」に関する議論をする場所ではない

マーティン・ロイドジョンズ

20世紀のプロテスタント教会に大きな影響を与えた牧師、マーティン・ロイドジョンズは著作『Knowing the Times(時代を知る)』で次のように語っています。

教会や教会の協議会を、基本的な事項を議論する場、あるいは証しを行う場としてとらえるのは、まったく見識のない混乱した考え方です。これまで見てきたように、「土台」に関する議論はしてはなりません。それを受け入れない人は兄弟ではないので、対話は成立しません。そのような人たちには説教をし、伝道するのです。議論は、同じいのちにあずかり、同じ基本的真理に立つ兄弟たちの間で行います。救いに必須ではない事項や、正当な意見の相違がある事項について、兄弟たちが一緒に話し合うのは、これまでも、そしてこれからも、正しいこと、良いことです。この点については、「本質的な点では一致を、本質的でない点では自由を、すべてのことに愛を」という古い格言を引用するほかありません。
― D. Martyn Lloyd-Jones, Knowing the Times (Carlisle, PA: The Banner of Truth Trust, 1989; reprint, 2001)

To regard a church, or a council of churches, as a forum in which fundamental matters can be debated and discussed, or as an opportunity for witness-bearing, is sheer confusion and muddled thinking. There is to be no discussion about ‘the foundation’, as we have seen. If men do not accept that, they are not brethren and we can have no dialogue with them. We are to preach to such and to evangelize them. Discussion takes place among the brethren who share the same life and subscribe to the same essential truths. It is right and good that brethren should discuss together matters which are not essential to salvation and about which there is, and always has been, and always will be, legitimate differences of opinion. We can do no better at that point than quote the old adage, ‘In things essential, unity, in things indifferent liberty, in all things charity.

写真:Rich Maurer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。