二契約神学

二契約神学とは、ユダヤ人はアブラハム契約とモーセ(シナイ)契約によって、異邦人はイエスによってもたらされた新しい契約により救われるとする教えです。そのため、ユダヤ人はイエス(イェシュア)を信じなくても救われるということになります。これはヨハネ14:6、使徒4:12などに反する非聖書的な教えで、ユダヤ人に伝道する動機を奪う神学です。

二契約神学の例:ダン・ジャスター

以下に二契約神学の具体例を見ていきます。ここで取り上げるのは、メシアニックジューの指導者で、宣教団体「ティックーン」の代表を務めるダン・ジャスターの教えです。ジャスターは、ユダヤ人に対する伝道は必要と言う一方で、以下のように語り、二契約神学を実質的に主張しています。

誰が地獄に行って、誰が地獄に行かないかを決める古い福音派の考え方は再検討の必要があると思う。ユダヤ人は、アブラハム契約とモーセ契約の時代には、アブラハム契約やモーセ契約に応答することで救われた。……ユダヤ民族が旧約時代に神との交わりを許され、永遠のいのちを与えられたのであれば、今はその可能性がないとなぜ言い切れるのだろうか。
― Dan Juster, Jewish Roots: Understanding Your Jewish Faith (Revised Edition) (Destiny Image, 2013), pp.222-223

However, I think we must reexamine the older evangelical certainty of being able to determine just who is and who is not hell-bound. Jews were saved under the period of the Abrahamic and Mosaic covenant through their response to the covenants….If Jewish people were granted fellowship with God and everlasting life in the Older Covenant period, why should it be precluded now?

さらに、ジャスターは次のように語り、今もユダヤ人は旧約聖書を信じるだけで救われる可能性があると教えています。

福音を宣べ伝えることで救われるチャンスが最も大きくなる。しかし、旧約聖書(タナハ)に記された神の啓示にユダヤ人が信仰によって応答する可能性がないとは言い切れない。
― Dan Juster, Jewish Roots: Understanding Your Jewish Faith (Revised Edition) (Destiny Image, 2013), p. 224

The preaching of the Good News maximizes the opportunity of salvation. However, we cannot preclude the possibility of Jews responding in faith to God’s revelation in the Tenach.

さらに具体的に、ユダヤ人はアブラハム契約を信じるだけでイエスとつながることができるとも語っています。

ユダヤ人がアブラハム契約に信仰による応答をすることでイェシュアとつながることは可能である。
― Dan Juster, Jewish Roots: Understanding Your Jewish Faith (Revised Edition) (Destiny Image, 2013), p. 227

We have also argued that it is possible for a Jew to respond in faith to the Abrahamic Covenant and be connected to Yeshua.

しかし、聖書の教えは明快で、使徒4:12では、この地上で救われるべき名はイエス以外に与えられていないと語られています。

この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人間に与えられていないからです。

また、ヨハネ14:6では、イエス以外に天の父(神)のもとに行く道はないと言われています。

イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれも父のみもとに行くことはできません。 

たしかに、イエスが登場する以前は、アブラハム契約のように、その時点までに啓示されている内容を信じることで救われることができました。しかし、新約聖書が成立し、上記のように言われている現在では、ジャスターの主張が成立する余地はありません。

関連記事:Q&A記事「ユダヤ人は、イエス(イェシュア)を信じなくても救われるという教えは聖書的ですか?

参考資料:Michael Nissim, “‘Apostle’ Dan Juster and the Salvation of the Jews,” NARWatch Israel (https://www.narwatchisrael.info/nwi-blog/apostle-dan-juster-and-the-salvation-of-the-jews)

写真出典:https://www.youtube.com/watch?v=ICTbCbgODiw (Creative Commonsライセンス) のスクリーンショット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。