後の雨運動

教会論

「後の雨運動(Latter Rain Movement)」は、第二次世界大戦直後(1948年)に起こった使徒・預言者の回復運動で、現在の新使徒運動(NAR)はこの運動から直接的な影響を受けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。