マーティン・ロイドジョンズ:教会の対話と交流の前提条件

マーティン・ロイドジョンズ

20世紀のプロテスタント教会に大きな影響を与えた牧師、マーティン・ロイドジョンズは著作『Knowing the Times(時代を知る)』で次のように語っています。

真の議論や対話、交流を行う前に、主要な基本的事項に関する合意が必要です。たとえば、幾何学では一定の公理と命題を受け入れなければ、どのような問題を解こうとしても無駄です。一定の人々が公理を受け入れようとせず、常に疑問を投げかけ、論争しているとすれば、明らかにそうした人々と公理を受け入れている人々との間には接点がないのです。教会という場でもまったく同じです。何世紀にもわたって受け入れられてきた偉大な基本的真理を否定する者はもちろんのこと、疑いの目を向け、疑問を投げかける者は教会に属しておらず、彼らを兄弟と見なすことは真理に対する裏切りとなります。すでに申しあげましたが、使徒パウロはそうした人々に対してどのような態度をとるべきかを明確に教えています。「分派を作る者(man that is a heretic)は、一、二度訓戒した後、除名しなさい」(テトス 3:10)
― D. Martyn Lloyd-Jones, Knowing the Times (Carlisle, PA: The Banner of Truth Trust, 1989; reprint, 2001)

Before there can be any real discussion and dialogue and exchange there must be agreement concerning primary and fundamental matters. Without the acceptance of certain axioms and propositions in geometry, for example, it is idle to attempt to solve any problem. If certain people refuse to accept the axioms, and are constantly querying and disputing them, clearly there is no point of contact between them and those who do accept them. It is precisely the same in the realm of the church. Those who question and query, let alone deny, the great cardinal truths that have been accepted throughout the centuries do not belong to the church, and to regard them as brethren is to betray the truth. As we have already reminded ourselves, the apostle Paul tells us clearly what our attitude to them should be: ‘A man that is a heretic after the first and second admonition reject’ (Tit. 3:10).

写真:Rich Maurer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。